選手インタビュー

伊調千春さん 吉田沙保里さん 伊調馨さん 浜口京子さんインタビュー

伊調千春さん 吉田沙保里さん 伊調馨さん 浜口京子さん 伊調千春さん 吉田沙保里さん 伊調馨さん 浜口京子さん レスリング 2004年アテネ

【オリンピックへの道が開けた!】

高橋:オリンピックのお話が先ほど出て、小さいときから二人でオリンピックに行って金メダルを取るというのが夢だったとお聞きしたのですが、オリンピックで実際に女子レスリングが競技になったのはアテネのときですよね。そのことは知らなかったのですか。

千春:そうですね。オリンピック種目にないということは知らなかったんです。周りも教えてくれなかったですね。だからあるものだと思っていたんですけど、いつかは忘れたのですが、ないということが分かって…でも、そのときはショックは受けなかったんですよ。

高橋:なぜ受けなかったのですか。だって、それを目標にやってこられたわけですよね。

千春:いずれなるだろうなというのがあったんですよね。だから、「ああ、ないんだ」というぐらいで。でも、自分たちの夢は「オリンピックで姉妹で金」。だから、そんなにショックは受けなかったです。

高橋:すごいですね。馨さんも同じですか。

馨:小さいころの夢って、自分は言っていましたけど、子供の夢ってそこまでですよね。そんなに具体化されていないから…。

高橋:では、もう本当に夢という感じだった?

馨:そうそう、夢という感じだったので。オリンピックはやっぱりすごいものですけど、でも世界選手権もあったので。その世界選手権で優勝したいという気持ちでやっていたかな。それで、何かいつの間にかオリンピック種目になっていたので、ラッキーというか、いい時代に生まれました(笑)。

高橋:そうですね、確かに。吉田さんはどうですか。オリンピックを小さいときから意識されていましたか。

吉田:私は中学校のときに、柔道の田村亮子選手の試合を見て、オリンピックに出たいなと思ったんですよ。そのときは種目になかったんですけど、私も周りから「いずれはオリンピック種目になるから、目指して頑張れ」みたいな感じで。まずは馨と一緒で、世界選手権があって、日本代表にならないと世界にも出られないしオリンピックにも出られないので、まだ全日本でも1位とか取れない…取れないというか、中学生だったのでまだ出てないですけど、山本聖子選手とか強い選手が上にたくさんいたので、その選手たちを倒さないことにはオリンピックにも出られないというのがあったので、まずはその選手たちを倒すために頑張ったというか。

高橋:そこが目標になっていって、その後ということですね。

吉田:はい、そうですね。もう「オリンピック、オリンピック」じゃなくて、本当にオリンピックが夢という感じですね。

高橋:浜口さんはどうですか。

浜口:私の場合も始めたときにはオリンピック種目ではなくて、世界選手権に出るようになってからは世界選手権をオリンピックだと思って、1年1年やっていました。

高橋:「何で出られないんだ」とは思いませんでしたか。「何でないんだ」と。

浜口:シドニーオリンピックのときには思いましたね。種目になるんじゃないかと言われていたので。

高橋:皆さん、期待はされていましたか。

馨:自分は、シドニーのとき何歳だろう…練習についていくのが必死で、それどころではなかった気がするんです(笑)。オリンピックは優勝した人が行くところだから。全日本で優勝しないと行けない…まだ全日本レベルではなかったので、そこまで考えられなかったんだと思います。まずは高校生大会とか(笑)。

高橋:そうすると、アテネで女子レスリングが正式種目になったことを聞いたとき、意識の変化はありましたか。「夢がかなうぞ」とか「現実になるぞ」とか、何かこう、わくわくするというか。

千春:そうですね。なったと聞いたときは、うれしいのもありましたけど、ここからが大変だなって…。出たいという思いが強ければ強いほど、私の階級は結構ライバルがいるので、出られるかどうかという不安も大きくなりますし。

高橋:日本の中でも、ライバルは多かったのですか。

千春:1人いて、やっぱりその人に勝たないと…日本代表にならないと行けないので。いつも接戦だったし、出たい気持ちはあるけれど出られるかどうか不安もあったので、ここからが大変だなと。

高橋:吉田さんは、正式種目になったと聞いて意識の変化はありましたか。

吉田:聞いたのが多分2001年だから、大学1年生のときだったんですけど、まだそのときは全日本も優勝していないし、日本で1番にもまだなれていなくて。なった瞬間は、「ああ、なったんだ。本当になったんだ」という思いで、うれしいというよりも逆にびっくりという感じでしたね。それからまた、もっと頑張らないと…という気持ちが出たので、やっぱりオリンピックというのが夢から目標に近付いたという感じですかね。

高橋:馨さんはどうですか。

馨:自分は、種目になったと聞いたときはうれしかったんですけど、そのころはまだ世界選手権にも出たことがないし、オリンピックのすごさなんて到底わかりもしないし。だから、アテネでなったんですけど、自分は北京を目指そうと思ったんですよ。そのころ、まだ高校生だったので。

高橋:そのとき、二人で出て「姉妹で金」とおっしゃっていませんでしたか。

馨:2002年に代表に選ばれて、優勝したころからですかね。「もしかしたらアテネに出られるんじゃないかな」と思い始めたのは。そのころから、だんだん意識が変わってきたのかもしれないです。

高橋:なるほど。千春さんの方がお姉さまですから、現実的だったのですね。馨さんの方はまだ…。

馨:そうですね。全く想像がつかない世界だなと思っていました。

高橋:浜口さんはどうですか。

浜口:私の場合は、ちょうど練習中にある人から練習場に電話がかかってきて「オリンピック、決まったよ」と言われたんですね。世界選手権が、ニューヨークのテロの影響で延期されていて自分の中では悶々としている状態が続いていたので、聞いたときにはびっくりしたんですけど、自分の中ですごくプレゼントをもらったような感じでしたね。

高橋:そこから何か、生活の変化はありましたか。もちろん、練習もそうですけれども、取り組み方とか。

浜口:やっぱり目標が定まったというか…オリンピックというのは幼いときから見ていたもので、自分が出るものではなく、元気をもらうものだとずっと思っていたんですけど、そういうあこがれの、夢のような世界に自分が出られるという場になったので、すごくうれしかったです。

高橋:チャンスがあるということですからね。自分が頑張れば出て行けるという…。オリンピックはどういうイメージでしたか。何か覚えているオリンピックとか、あるいは最初に見たオリンピックはどんなイメージですか。

千春:覚えているのは、柔道の山下(泰裕)さんが足を引きずりながらも優勝した瞬間というのは、テレビで見て覚えています。表彰台の上でもすごく泣いていて。大人の男の方は絶対泣かないと、すごく強い人だって思っていたんですけど、表彰台の上で泣いている姿を見て、「ああ、ここまで泣くぐらいうれしいものなんだ。そのぐらい金メダルというのはすごいんだ」って、そのときに思いました。

高橋:吉田さんは、覚えているオリンピックはありますか。

吉田:私も格闘技をやっているので、オリンピックでは柔道というイメージが強くて、柔道しかほとんど見ていないような感じで、それしか覚えていないですね。やっぱり田村亮子選手が、あんな小さい体で、あんな大きな舞台で相手を投げているのが…「ヤーッ」とか言って、ちょんまげをして…それがすごくイメージに残っています。やっぱり戦っている姿にすごくあこがれがあるので。あと、シドニーかな、井上康生選手がお母さんの写真を持って表彰台に上ったというのがすごく印象に残っていますし、やっぱりオリンピックというのは全然違うところだなというのは、そのとき思いました。

高橋:ああ、他の世界大会とオリンピックでも全然違う、特別なものと。

吉田:テレビをつけたら絶対にやっているし、マスコミの取り上げ方も全然違うし。周りが全然違いますので、世界中の誰もが見ているという感じ。誰もが注目しているというものだと思うので、本当にすごいと思います。

高橋:そうですよね。馨さんはありますか。

馨:自分はあまり見た記憶がないんですよ、オリンピック。だから大きくなって、昔のハイライトみたいな感じで、その柔道の山下さんとか、岩崎恭子ちゃんとか。どちらかというと試合の映像より、試合後のインタビューだとか、表彰式の方が覚えている気がします。泣いているところを見ると、何かすごいなと思って…「ああ、こんなにうれしいんだな」と。私はそのころ、勝ってうれし泣きするってよく分からなかったんですよ(笑)。「勝って泣くの?」みたいな。

高橋:自分の体験では、勝って泣くということは?

馨:ないです。だって、勝ったらうれしいじゃないですか。そう思っていたんですけど、アテネのときに初めてうれし泣きしたんです。

高橋:ああ、それぐらいオリンピックって違うのですね。

馨:そうなんですよね。うれし泣きをしたのは、生まれて初めてですね。世界選手権では、勝って泣くことはなかったですけど、オリンピックではなぜか泣きましたね。

高橋:浜口さんは、思い出に残っているオリンピックは。

浜口:そうですね。カールルイス、爪の長いジョイナー、あとはブブカ。なにか陸上のイメージが強いです。そこから何か、人間の限界を目指して頑張っているような、何かその限界を超えるというか、そういうイメージがあります。

オリンピック出場経験のある方へ 未入会のオリンピアンはこちらをクリックしてください
日本オリンピアンズ協会 事務局
〒150-0041 東京都渋谷区神南2丁目1番1号
国立代々木競技場内
TEL:03-5738-3047