選手インタビュー

渡辺武弘さんインタビュー

渡辺武弘さん 渡辺武弘さん 卓球 1988年ソウル 1992年バルセロナ

優しさは強さを生み、静寂さは時に激しさへと変わる。渡辺さんにとって卓球とは、自分を解き放つことの出来る唯一の場である。そしてそこは、いつも人のことを気遣い、他者を優先して考え、行動する優しい渡辺さんの、誰も侵すことの出来ない唯一の「聖域」なのである。渡辺さんのまなざしの奥に「静かなる強さ」を見た。

【オリンピック:何のために戦う?】

高橋:今日は渡辺さんにとってオリンピックの持つ意味と引退後の生活についてお話を伺いたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。渡辺さんが最初にオリンピックに参加されたのは1988年のソウルオリンピックですよね。渡辺さんがもし、ソウルオリンピックでは何のために戦いましたかって、聞かれたら何とお答えになりますか?

渡辺:この時はですね。私、実はソウルオリンピック、本当は出場できなかったんですよ、実を言うと。

高橋:えっ、そうなんですか?

渡辺:アジア大会予選で負けちゃったんですよ。それで、日本の、1つの国からシングルス3名代表枠があって、私は4着で代表になれなかったんですけど。3名丸々代表枠やられた国はダブルスを2ペア出れるよっていうようなことになりまして、だから私はダブルスの専属っていう、ダブルスの種目だけということで協会推薦みたいな形で代表権を得たんですね。シングルスの代表取れなかったんで、1回代表落ちちゃったんですけど。ダブルスの専門ということで代表が取れたんですよ。はい。その時はですからダブルスだけでしたんで。うーんと、日本のためっていうよりも、何て言ったらいいんだろう。ま、初めてのすごいビック大会で卓球やるってものすごくやっぱり感激、感動して。この時・・その時やっぱり自分はどこまで出来るのかなっていう感じだったですね。正直言って日の丸背負ってって、そこまで考えてなかったのが実情ですかね。

高橋:今までの国際大会とオリンピックというのは違いましたか?

渡辺:やっぱ、なんと言っても、全然違いますよね。

高橋:どういうふうに違いますか?

渡辺:やっぱりものすごくマスコミが注目しますよね、オリンピック自体に。卓球も2年に1回世界選手権ってやってますけど、それはまあ卓球の中では注目されますけども、オリンピックになりますともう海外からいろんな選手が集まってマスコミの注目度も全然違いますし。ま、卓球もそのソウルの時は卓球選手自体もまだまだオリンピックがどのくらいその、そういうものだというのは。みなさんの意識としては、他の競技に比べたらはじめての種目だったんで浸透してなかったかも知れないですけど、その次ぎのバルセロナの時はもう皆さんすごかったですね。目の色が血走っていたっていうか。

高橋:あ、そうですか。ソウルとバルセロナと全然また?

渡辺:違った感じですね。強化の仕方も全然違った、他の国も違っていたと思いますよ。ええ。

高橋:注目度もやっぱり違いましたか?

渡辺:違いますね、全然。

高橋:では、バルセロナの時は何のために戦いましたかって聞かれたら、何とお答えになりますか?

渡辺:その時は僕一応日本チャンピオンになってたんですよ、全日本で。ですからこれはちょっと恥じかけないって、下手な試合できないなと思って。思ったんですけど、結果的にはやっぱり予選リーグで敗退しまして。ま、本当にその日本のためにっていうことは思ってやったんですが果たせなかったんですよね。

高橋:バルセロナの方が日本のためにという。

渡辺:やっぱり一応、ええ。

高橋:意識が芽生えてきたというか。

渡辺:ええ、そうなんですね。

高橋:それまではどちらかというと自分がどこまでできるかということだったのが、シングルスで日本チャンピオンになったことで、日本を背負っていくぞという。

渡辺:はい。

高橋:意識が違ってきたわけですね。そのオリンピック期間中、例えば外国人の方と接触とか、そういうのはありませんか?

渡辺:いや、国際大会で親しくなった選手とかいましたんで、一応そのバルセロナの時に当たったんです、その一番親しい選手と。予選リーグもうやりたくなかったんですけど、まあ、当たって、非常に複雑な心境だったのを覚えているんですよね。

オリンピック出場経験のある方へ 未入会のオリンピアンはこちらをクリックしてください
日本オリンピアンズ協会 事務局
〒150-0041 東京都渋谷区神南2丁目1番1号
国立代々木競技場内
TEL:03-5738-3047